archive: 2011年03月

スポンサーサイト

No image

余韻に浸りつつ

No image

『彼女たちは身に何の覚えもないだろう。 それでいい。 人は時に、健気に生きているだけで、誰かを救っていることがある』容疑者Xの献身、読み終わり。なんというか。もうなんというか。「献身」という言葉が、とてつもなく・・・骨身にしみた。小説じゃないかと言ってしまえばそれまでかもしれないけれど、ここまで誰かを愛する事ができるものなのか。いや、「愛」なんて簡単に文字にしてしまっていいものじゃない。それ以上の...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。